• tel: 045-780-5556
  • お問い合わせ・資料請求

インプラント・入れ歯治療

歯を失った後の治療が重要です

虫歯や歯周病、あるいは事故などによって歯を失ってしまった場合は、その失った歯を補う治療が必要です。この失った歯を補うために行う歯科治療を補綴(ほてつ)治療といい、おもな補綴治療には入れ歯・ブリッジ・インプラントの3種類があります。

こちらでは、近年選ばれる方が増えている「インプラント治療」とあらゆる症例に適用できる「入れ歯治療」を中心に、補綴治療についてご説明します。それぞれに特長が異なるので、メリットもデメリットも正しく理解して最適な治療を選ぶようにしましょう。歯失ってしまったら、相模原富士見の歯医者「ふるかわ歯科クリニック」へお越しください。

歯を失ったまま放置するのは危険です

歯を失ったまま放置するのは危険です

歯を失った状態のままでいると、となりの歯が空いたスペースに倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして歯ならびや咬み合わせの乱れにつながります。こうして口腔内のバランスが崩れると、残された健康な歯まで失ってしまうリスクが高まり、また全身にもさまざまな悪影響が及んでしまうので注意が必要です。

「目立たない場所だし痛みもないから」と歯が抜けた状態のまま放置してしまう方がいらっしゃいますが、その考え方は危険なのでやめましょう。お口の健康を長きにわたって維持していくために、できるだけ早く補綴治療を受けるようにしてください。

インプラント治療・ブリッジ治療・入れ歯治療の違い

インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
概要
顎の骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上部にセラミックなどでできた歯冠を被せて歯の機能を回復する方法です。
概要
失った歯の両脇にある歯を削って支台にし、そこに橋のように連なった技工物(連結歯)を装着して歯の機能を補う方法です。
概要
粘膜で支えるタイプの義歯を装着し、失った歯の機能を補う方法です。入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。
メリット
咬む力が大きく回復する
見た目が自然で、きれいな仕上がりが手に入る
違和感が出ない
1本で独立するので周囲の歯に負担をかけない
メリット
固定式なので違和感がない
ケースによっては保険診療が適用される(比較的安価)
インプラントと比べて治療期間が比較的短い
入れ歯より咬む力が高まる
メリット
保険診療の入れ歯なら比較的安価に製作できる
治療期間が短い
あらゆる症例に適用可能
自費診療なら見た目や使用感にもこだわれる
デメリット
自費診療なので治療費が高額になる
外科手術が必要になるので身体的負担が大きい
全身疾患などによっては治療を受けられない
デメリット
土台となる両脇の健康な歯を削る必要があり、削った歯の寿命を縮めてしまう
適用できないケースがある
デメリット
自費診療だと治療費が高額になる
保険診療だと見た目が不自然になりやすい
保険診療だと装着感がよくないことがある

インプラント治療~自分の歯のように咬める方法があります~

インプラント治療~自分の歯のように咬める方法があります~

チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラント治療は、ブリッジや入れ歯よりも咬む力を回復させられることが最大の特長です。生体親和性の高いチタンは金属ながら金属アレルギーのリスクがほとんどなく、顎の骨としっかり結合するため、長期にわたってしっかりと咬める歯が手に入ります。

歯科用CTを用いた安全なインプラント治療を

お子さまが「また来たい歯医者さん」を目指します

相模原富士見の歯医者「ふるかわ歯科クリニック」では、インプラント治療に際して歯科用CTによる診断を行っています。歯科用CTは、口腔内を3次元画像で確認できる撮影機器。神経や血管の位置、顎の骨の厚みなどを正確に把握できることにより、正確な診断が可能です。外科処置に際しては、ドリルを正しい位置・角度へと導いてくれるサージカルガイドを使用し、確実で安全な治療を実現しています。

入れ歯治療~合わない入れ歯で我慢しないでください~

入れ歯は時間の経過とともに合わなくなってしまいます。それは、口腔内の状態が変化していること、使っているうちに入れ歯が摩耗して咬み合わせのバランスが崩れてしまうことが原因です。しかし、保険診療の入れ歯でも自費診療の入れ歯でも、定期的に調整すれば快適に使用することができます。

入れ歯は時間の経過とともに合わなくなってしまいます。それは、口腔内の状態が変化していること、使っているうちに入れ歯が摩耗して咬み合わせのバランスが崩れてしまうことが原因です。しかし、保険診療の入れ歯でも自費診療の入れ歯でも、定期的に調整すれば快適に使用することができます。

合わない入れ歯を我慢して使っていると粘膜部分に炎症を起きてしまったり、痛みのせいで食事や会話が億劫になったりしてしまうかもしれません。お口の健康のため、全身の健康のために、自分にぴったり合った入れ歯を使いましょう。

入れ歯だと気づかれない入れ歯

入れ歯だと気づかれない入れ歯

保険診療の入れ歯には見た目が不自然に見えやすいというデメリットがありますが、自費診療なら自然な見た目の入れ歯がつくれます。「ノンクラスプデンチャー」は、弾性のある素材でつくったフィット感に優れた部分入れ歯です。金属をいっさい使わないタイプなので、周囲の人に入れ歯だと気づかれる恐れもほとんどありません。

口腔内にしっかり固定できる入れ歯

口腔内にしっかり固定できる入れ歯

入れ歯で多くの方が気にされるのが「装着感」です。ふるかわ歯科クリニックでは、口腔内にしっかり固定できる入れ歯も取り扱っています。入れ歯の内側と歯根に磁石を取り付けて強力な磁力で固定する「マグネットデンチャー」は、見た目のよさとお手入れのしやすさが特長。
同じく入れ歯の内側と歯根にアタッチメントを装着し、ボタンのようにパチッと付け外しできる「ロケーターアタッチメント」なら、比較的費用を抑えて快適な付け心地を実現できます。

ふるかわ歯科クリニックOfficial Blog

神奈川新聞コラムに掲載されました!

医 院
ふるかわ歯科クリニック
住 所
神奈川県相模原市中央区富士見1-5-16ルビナスコーポ 2F
電 話
042-758-3515

診療時間

アクセスMAPはこちら